空飛ぶ猫はいる

ジャニオタ生活

最近の徒然

今年ももう8月ですね。年々時の流れの速さに驚きます。そしてふと、今年まだA.B.C-ZとJr.現場しか行ってないという事実に気づきました。自担現場がご無沙汰すぎる。本命どこ行った?感拭えません。来週ようやく自担に会えます。今年はドリボないっていうし(根に持ってる)9月はまたJr.現場あるし、10月はえび座あるし。もちろん行きたくて行く自担以外の現場ですが、やっぱり現場で自担に何度でも恋したいよなぁと思う今日この頃です。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

先日、友達とデストラップを観劇してきました。これがとっても面白くて。外部舞台ってあまり観劇経験がないんですが、これはちょっともう何回か観たいかもと思うほど良かったです。はっしーめちゃんこかわいい。はっしーって絶対現場で見た方がカッコいいと思う。爆イケでした。正直はっしーの演技に大した期待を持って望まなかったからでしょうか(申し訳ない)、褒め過ぎってくらいはっしー良かったんですよね。ちょっとキレたヤバいヤツの役が本当にハマる。髪を振り乱して苦しんだりする時にその前髪の隙間から見える目が本当にギラっと光ってイッちゃってて怖いのなんの。断末魔の叫びも目をひん剥いて苦む形相…あの場面で終わってたらトラウマになるかも。休憩時間もあちこちで「怖い」って声が聞こえてきてました。苦しさ、もどかしさ、危なさ、女々しさを演じるさせるならはっしーいいですよね。あぁクリフォードにもっかい会いたい。そしてカンパニーの人間関係ってそのまま役に表れる気がして、すごくかわいがってもらってるんだなと思える空気が、より一層観劇後の充実感につながりました。ふとした時にいたずらっぽく笑う表情とか、いいわ~かわいいわ~って微笑ましく観劇できる幸せ。ストーリーもわかりやすく、笑えるところで素直にあはは、ふふふと笑えて、驚くところではビクっとするくらい驚いて、とても新鮮な体験でした。本当は別現場があった日の夜公演(前楽)を観劇しようと企てていたんですが、身内に不幸があり叶わぬこととなりました。本当に舞台って一期一会ですよね。もう一度見たかったなぁ。はっしーのみならず、4人の役者さんの好感度も上がった舞台でした。来年もやってくれない?

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

ところで、最近SixTONES松村北斗くんに拗らせております。前々から、好きなタイプだから深追いしたら危険とは思ってたんですが、少クラをリピしたことによってか夢に出てきて。夢に出てきたらヤバいっていうのは理解してたんですけど、とにかくその夢がしんどかったんです。(夢の中で)目覚めたら隣に北斗くんが寝そべってこちらを見ていて、「ごめん、疲れちゃった?」と私のおでこに汗で張り付いた前髪を、指でとかしながら言うわけです。くっそ優しい眼差しで。そうです、事後です(神様ありがとう)。その翌日、観光名所の史跡を興味深そうに眺める北斗くんを遠目から見て、もう(旦那の待つ家に)帰りたくないなぁ…と思ったところで目が覚めました。てっきり自分が若返ってる設定かと思ったら、不倫旅行だったようです。鼻血。

軽率にこんな夢を見てしまった自分がしんどいです。その日から、とにかく北斗くんの全てが刺さるようになり、自担ほったらかしでHDDに残る北斗くんをリピしてるわけです。最近キスマイに沸けなくて(箱推しができなくなってきた…)くすぶっていた心にあんな18禁の塩を塗り込んで拗らせているのです。しんど。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

そんな中、2016年のDREAM BOYSがついに映像化という嬉しいニュースが舞い込んできました。去年、初めて見たドリボ(2014年)のお玉より数段成長した姿を見られて本当に感動したので、ただただ嬉しいです。来年のドリボのために働こうと決めてこの1年頑張ってきたんですけどね。今まで映像化要望も何回か出したけど、今度はBlu-rayでノーカット、サントラの要望も引き続きコンスタントに出していきたいと思います。大事なオタ活です。

以上、最近の徒然でした。