空飛ぶ猫はいる

ジャニオタ生活

過去の自分に言ってやりたい

玉担である。自分、玉担である。


その日私は横尾担と、Kis-My-Ft2の2015年ツアーKIS-MY-WORLDのコンサートDVDを見た鑑賞会の帰りで、あるユニットによって点火された胸を焼き尽くすかの如く燃え広がるFIRE、つまり藤北によって灯され燃え盛る炎を胸に抱えて家路についていた。猛烈な火の勢いに焼かれて、多分家に着く前に30回くらい生まれ変わってる。それでもまだ轟々と燃え盛る炎。熱冷めない。もう細胞が絶望的に悲鳴あげてる。何でこんなことになっちゃったんだろう。


今日横尾担とジャニショで担当写真を手に入れてきた。でも、でもね、もう一枚だけ欲しいっつーか拝みたい写真があって、まぁそれ担当じゃないんだけども。まぁそれがあの滝沢歌舞伎シンガポールのバスローブ北山さんなんだけど。あれだけは何かどうしてもどうしても実物を確認したくて。基本的に担当以外の写真は買わないようにしてるから、実物見てそれでも欲しかったら買おかな~くらいの気持ちで行ったんだけどね。


で、あれキスマイコーナーにないのね!知らんかったけど! キスマイのとこ何度見てもないから店内中探して、何なら歌舞伎だからタキツバ?と思ってタキツバコーナーも探してなくて、やっと「ジャニーズ」コーナーで見つけた時はコレコレコレだよ!!やっと会えたぁぁ!!!みたいな気持ち生まれて。そのやっと見つけたという気持ちに背中を押されてもちろん買った。あたし、玉担。


そうなの私玉担なの。でも今北山さんに自分史上最高のデレ期到来してる。自分玉担なんだなと自覚してから約2年経った昨日、私玉担だよね?…うんうん間違いない玉可愛いしかっこイイ!と何度も自問自答を繰り返している自分に気づいた。

違うんだ。玉には押されないツボを豪速直球で押してくるのが北山さんなんだよーーー。もしやこれがリア恋枠?


帰り道、私の胸の中は困惑の嵐で、玉への気持ちと新鮮にそして大胆に湧き上がった北山さんへの気持ちが大荒れでもう暴風雨の中雷がバンバン落ちるみたいな精神状態で、どうしたらいいのかと考え続けて脳が糖を消化してるのがリアルに感じるくらいで疲労度半端なくて


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




と、ここで力尽きたようだが、ここまでが約一年前に書きかけてた記事だった。それまでずっと玉しか目に入らなかったのに、突然現れた北山さんに激しく動揺しているのがわかる。落ち着け私。この後さらに北山さんの魅力を拾い集めることになるのだから。チャラさに加えて色気も放出しだす彼で妄想しだす日々がやってくるのですよ。これがリア恋枠ってヤツみたい。この日の火種はまだ消えずに私の中にある。


最近リア恋枠について友達と話してたので、そして下書きを整理してたらこの記事を見つけて何となく晒したくなりました。そしてしれっとブログタイトルも変えてみました。