空飛ぶ猫はいる

Kis-My-Ft2に翻弄されるジャニヲタ生活

ジャニヲタになったきっかけ

お題「ジャニヲタになったきっかけ」




2014年2月に入った頃だっただろうか。その頃私は、2013年の秋頃に見た深夜バラエティ番組が面白かったからもう一度見たいなとふと思い出した。

結論から言うとそれが「キスマイBUSAIKU!?」なんだが、当時はKis-My-Ft2というグループ名もジャニーズであるということも一切知らなかった。確か「Kis-My-Ft2」の読み方も知らなかったと思う。手掛かりは、深夜番組、ランキング、VTR中にコメント出てくる、しかなかったけど検索したら多分すぐわかったような記憶が。

へ~ジャニーズだったんだ。早速録画予約した回がまた予想以上に面白いわカッコイイわでじわじわ心に残るものを感じ、今となってはその回のテーマさえ覚えていないが、あれよあれよと言う間にキスブサの過去動画漁っては横担と毎晩キャッキャして気づいたら…ジャニヲタになってたんですね~。

過去動画とか画像漁りまくって、どうしようこの感情の持って行き場がない!!つって身悶えてたなー。懐かしい。今も同じことしてるんだけど、ハマりたてのあの高揚感は何にも代え難いものでしたね。そういえば、私基本的に着るものはモノトーン多いんですね。それがキスマイに堕ちてからわりと色物を取り入れるようになってたんですわ。当時は自覚なかったんですけど。そんな中、職場の上司(60代男性)に「最近服装の感じ変わった」と言われハッと気づきました。


うん、私、恋してる。


いやダンナ好きですよ。でもそれとこれとは別っつーかダイレクトにオンナのツボに新たなビームくらったみたいな。(妄想)恋愛初期に出るアドレナリンの放出によって服装とメイクに変化現れたっていう。そんなことを職場のオッサンによって自覚させられたんでした。


そしてジャニーズにハマるとともにジャニヲタにもハマる。

自担の行動や発言によって自分の中に生まれる感情を、ジャニヲタの皆さんがそれぞれの言葉を使って独自の表現をされてて、それがもう圧巻つーか。例えばライブDVDとか見て泡吹くくらいカッコいい時に私の口から出るのは「ぎゃっ!!!」ってだけなんで、感情を伝わるように言語化できる人すごいなって思いましたね。てか何より皆さんの反応見てるだけでただただ面白いのでそっちを見るのに時間費やしちゃう。

芸能人と一般人の距離って縮まらないから、自担から提供される僅かな情報で自担を組み立てていく作業を繰り返しているわけで、自分だけのフィルターで見る自担と、誰かのフィルターを通して見る自担は全く同じということはないので、別角度から見られるということは自担を構成する細胞の可能性を知れるっていうのかな、目から鱗的な意見や感想はどうしても自分に都合よく映る自分フィルターとは違うので、他人の見方は大変参考になりますね。だからジャニヲタが好き。



生まれて30超年ジャニーズに興味なく穏やかに生きてたんだよな2013年冬までは。今となってはそれまで何を糧にして生きてたのかなって。昔ある先生に、ただ「生きる」じゃなくて熱意を持って「生き抜け」!…みたいなこと言われたのジャニヲタになって思い出して、先生ありがとう!!こういうことだったんだね!!って多分先生相当落胆すると思うけどそれまでの私には縁がなかった感情も手に入れられたし、それによって日々生きてるって実感得られてるからこういうことかなって強引に腑に落とした。これからもジャニーズとともに生き抜きたいと思ってる。