空飛ぶ猫はいる

Kis-My-Ft2に翻弄されるジャニヲタ生活

去年の後悔を糧にしたい2016年

2016年始まりました。

今年もジャニヲタでいる限り細々とブログ続けていきますんで、どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

さて昨年末は前回記事にも書いた通り、キスマイのリリイベに当選し、無事に夫の了解も得てクリスマスイブにイベント参加が叶った。イベントレポは得意じゃないので省かせていただくが、そのイベント最後にハイタッチ会があったのでその時の話を聞いてほしい。

 

 

イベント最後にハイタッチ、もしかしたらあるかもしれないと同行する横担と予想はしていた。メンバーが一列に並んでたら自担が最後だったらいいなとか、目が合ったら雷に撃たれて死ぬかもとか、ライブ前によく起こる脳内お花畑状態で、今考えると何て温い想像してたんだと思う。そもそもアイドルとのハイタッチというものを私は映像で見たことも、まして体験したこともないのに、何かこう…とにかく自分には難なくできるという過信みたいのがあった。アクロバットなわけじゃないですよ、ハイタッチですよ。手と手を軽くタッチなんて子供でもできるじゃないですか。そうやって甘く見てたわけで。。まぁ結果から先に言うとですね、ハイタッチはできたものの、まさかの間近で見れるはずの自担を見逃すという事態が起こりました。…うん、あり得ないんだ。私もそう思う。じゃあどこ見てたんだよ!?って自分にもわかんない。マジで一瞬もちらりとさえ私の視界に入らなかったの。しかも自担だけ。あーもうほんとコレ書いててもまだ後悔の念を異常に込めた矢がビシバシ刺さってきてツラい。もう刺さるとこないくらいあの日から私の体は矢だらけなんです。もはや矢に矢が刺さってる。

 

 

あのですね、メンバーが一列に並んでて、その前をスタッフのお姉さんによって光の速さで出口へ送られるんだけどそれがもうホントすごい力とスピードで圧倒されちゃって。それに今思うと、ホントせめて映像でアイドルとのハイタッチというものを見ておけば良かった。速度がそういうもんだって一度でも見たことがあれば、覚悟っていうか何ていうか見逃してなるものかっ!!!って意識が働いたかもしれない。

 

記憶が確かならば、

ーーーーーーーーーーーーー

横藤千玉北宮ニ  

←    ←     ←    ←

 

ーーーーーーーーーーーーー

 

メンバーは上記のような並び順で、←左方向にヲタさん達が流れていく。7人の前を、ヲタが1.5秒で通り過ぎる感じを想像してください。何しろ速い。速いしお姉さん方の力が半端ない。まず遠目からニカの頭部を発見し、あわわわわあそこに7人いるんだ怖い逃げたいってなっちゃったのも敗因。いざ自分の番になるまであっという間で気持ちを立て直せなかったてのも良くなかった。超高速流作業に巻きこまれた時に目に入ったのが宮っちとニカ(見切れ)で、うわ近くで見ると思ってたより顔小さっと思ったら次にいたのがみっくんで、さらに顔小さっと思ったんですよね。それでね、一番の敗因は、私がメンバーの並び順を玉千が逆だと思ってたこと。よく見とけや!!!の一言に尽きるんだけど、みっくんの後に、よし次の次に自担くるぞ!!!と思って本当に一瞬目線外して(なぜ)目線戻したら千ちゃん(しかも衣装の見切れ)だったんですよねーーーー。で、ふぇ!?!?!?ってなって意識失ってガヤさん通り過ぎて、ヤバイもう最後だ!!と意識取り戻したら、よこーさんの横顔と手の感触だけが私に残ってたっていう事態でした。

 

 

「キャーーー!!!うわーーー!!!信じられない夢じゃないよね会えた手に触れたありがとうって言えた死ぬかも死ぬ死ぬ幸せ過ぎる…」

 

 

会場を出たヲタさん達は口々に今起こった奇跡を叫んでた。泣いてるお嬢さんもいた。

 

 

マジで?みんなハイタッチスキル高すぎ…あれ、私玉見た?あれ、あまりにカッコ良くて記憶障害起こしてる?あれ?思い出せない、何で?あれ、あれ、あれ、、、、、

 

 

回りとの温度差がひどすぎて、皆さんとは異なる放心状態に陥った私。駅まで歩く道すがら、とにかく自担を思い出そうとしてもひとかけらも脳に蘇らないの。当たり前ですよ、だって見てないんだもんね。で、自分のポンコツぶりを自覚したのが駅のホーム。横担が、「自担だけ目合わせてくれませんでしたよ、他メンはちゃんと合わせてくれたのに〜」ってね、言い出したわけです。マジで?私誰とも目合ってないし自担だけ見逃したんだけど。。。。そしたら横担渾身の「…どこ見てたんですかっ!!!」が出ましたよね。もうね、ホント放心で。せっかくのチャンス生かせなかったし温い生き方してる自分に心底腹立った。それからずーっと後悔してる。自分の情けなさに。

 

 

そんな年末だったけど初めてテレビで見たカウコンは心底楽しかった。あんな幸せなの毎年見たいものです。

 


こんなポンコツブログ見ていただいてありがとうございます。スターとか、もうむせび泣いてます。去年の後悔を糧にして、今年は自分なりに現場での充実度を上げたいと思っております。