空飛ぶ猫はいる

Kis-My-Ft2に翻弄されるジャニヲタ生活

初めてダンナに現場参戦を打ち明けた話

今年10月に「AAO」、11月に「最後もやっぱり君」と、新曲を2ヶ月連続でリリースしたキスマイがそれを記念して12/24にリリースイベントを開催する。それぞれのCDシングルに封入してあるシリアルナンバーを集めて応募するのだが、なにがどう作用したのか運良く当選した。今年はドリボも全て落選し、夏のツアーは相方と同じ日が当選、ABC座落選、レインツリー関連ももちろん落選でしばらく現場はないと思っていたので相方の横尾担とともに喜んだ。

 
 
だがしかし、何と強気な日程か。クリスマスイブって…。どうせ暇だと思ってんだろふざけんなと思いつつ皆さん応募されたことと思う。そもそもまず応募しても当たらないと思っていたし、今までのリリイベを見ても当選人数の少なさから僻みを大いに込めて「抽選なんて建前で集まってるのは皆サクラだろ」と羨ましさ300%でTwitterで流れてくる情報を眺めていた。今回当選メールが来て最初に思ったことは「本当に抽選で当たる人いるんだ」だった。
 
 
クリスマスイブにキスマイに会える…
アラフォーが大いに胸をときめかせたわけだが、大問題があった。ダンナに何て言ってイブに外出するかである。今まで結婚記念日、クリスマスイブ、年末年始、お互いの誕生日は一緒に過ごしてきた。普段飲み会が多いダンナも、そういう日はちゃんと飲み会を断ってきた。そんなダンナにどう打ち明けたらいいんだ…。まぁ絶対イベントには行くけど。私がイブに出かけるということは、ダンナは一人でイブを過ごすということであって、なんか哀愁漂っちゃってかわいそうな気も…。それでも申し訳ない、イベント行くけど。イブに嫁が他の男性と過ごす(言い方)ってどんな気持ちか…。いやでも不倫じゃないし。完全無欠のプラトニックだし。どう考えてもイベントを諦めるという選択肢はなかったので、ダンナに打ち明けないまま参加登録をした。
 
 
参加登録はしたものの、気は重かった。ダンナはミーハーではあるが一般男性である。私もキスマイに堕ちるまでは一般だったのでジャニヲタの価値観が全く分からなかった。もし今回のケース、立場を反対にしてみたらどうだろう。私が一般でダンナがアイドルヲタで、イブにイベントに参加したいと申し出てきたらどうだろう………うん、あり得ない。ドラマでよく聞く「私とアイドルとどっちが大切なの?」というあの背筋がざわつく生温い言葉さえ投げるかもしれない。夫婦共々ヲタであればどんな日に開催されても現場の重要性は理解されるのに。そう、イブじゃなければどんな言い訳だってできる。今までそうやってきたし。何もこんな日に開催しなくたって。。。エイベ恨めしや。
 
 
とりあえずダンナには正直に打ち明けることにした。しかし中々タイミングが合わず、気がつけば当選を知ってから一週間が経ってしまった。ダンナから、「イブはどうする?」と聞かれる前に打ち明けなければ。大袈裟かもしれないが毎日肩の荷が重くなっていった。
 
 
ところが一昨日、何と事態は急展開を見せたのである。その日夕飯を食べて帰ろうと何となくそば屋に寄ったのだが、そこに「新そば入荷しました」と「年越しそば(お持ち帰り)予約受付」の2種類の張り紙があった。以下、つまらん夫婦の所帯染みた会話込みだが会話形式でお届けしたい。
 
 
私「新そばって今の季節なのかね〜」
 
ダ「あ〜どうだろ…でもこの前KAT-TUNのタメ旅で長野行った時、新そばって言ってなかった?収録時期考えたら今よりもう少し前から新そばって出てるんじゃない?」
 
私「あぁ確かに!じゃあ秋なのかな〜」
 
ダ「多分ね。あ、年越しそば持ち帰り予約だって。予約する?」
 
私「ここまでそば取りに来るなら持ち帰りじゃなくて食べて帰りたい。でも家で食べた方が安上がり。確か乾麺あったし。天ぷらだけ丸亀◯麺で買ってそばだけ茹でよかな。」
 
ダ「それもそうだな。じゃあ大晦日は家でそば食べてテレビ見て過ごしますか」
 
私「今年は絶対カウコン見たい!!私今まで見たことないし今年はキスマイ出るんだって!」
 
ダ「え、見たことないの?」
 
私「キスマイ好きになったの去年の年明けだし、去年から今年にかけてのカウコンは放送されなかったからね!」ドヤ!
 
ダ「へー。…あれって観客は番組(フジテレビ)が募集してんの?それともライブ扱いで事務所が募集してんの?」
 
私「ライブ扱いで事務所だよ〜FC入ってても全然取れないらしいよ〜今年は嵐が出るから余計に取れないと思うよ〜。あ、でも一説によると今年はKAT-TUNファンが多めに当選してるという噂が。」
 
ダ「そりゃそうだよw、KAT-TUNファンに行かせてやれよw入口出口がいる内に。」
 
私「そうだよねー。いやしかしカウコンの当選確率は宝くじ並みだよ。」
 
ダ「へ〜そういうもんなのか。」
 
 
私「……当選確率と言えばですね、あのー…私もあるイベントに当選しまして……」
 
ダ「え、何それ初耳だけどwキスマイ?w」
 
私「…はいそうなんです2ヶ月連続で新曲…(以下略)、そのイベントに当選いたしました!!」ド、ドヤァ!!
 
ダ「へ〜すごいじゃんw」
 
私「…ただですね、その日程が…12/24で…まぁ世間的にクリスマスイブなるもので…そのー………行ってきてもいい?…ですか?」
 
 
 
 
 
ダ「ほぉなるほど…てかもう行く気なんでしょ?w」
 
 
この時のダンナの表情ったら何とも言えない、呆れと蔑みとニヤつきとを混ぜたような、ついに嫁がアイドルに会いに行くという呆れと(実際現場は初めてじゃないがダンナには内緒で行ったので知らない。レインツリーの舞台挨拶生中継は現場カウントしてない。)、いい年してという蔑みと、でもそうういうの丸々引っくるめて笑えるというニヤけをごっちゃ混ぜした顔を一瞬だけ見せたものの、はいはい分かったよどうせ俺よりキスマイがいいんでしょw的なニュアンスだったんで、この流れを逃してなるものか!!!と後はこの当選は奇跡だと畳み掛けまくり、相方の横尾担も心底楽しみにしているとかも盛り合わせて無事にイベント参加の了承を得たのであった。
 
 
すーっと肩の荷が下りた瞬間だった。これで心置きなくイベント楽しめる。感謝。様々な偶然が重なって導けた今回の結果だったが、まずその日にそば屋にいたこと、そば屋に張り紙がしてあったこと、日頃からタメ旅をダンナに見させてたこと、に加えてもう一つ。日頃からブログやTwitterを覗き見ている尊敬するあややさんのカウコン当選結果アンケートを昼間見ていて、やっぱ今年はKAT-TUN担が多いのかな〜という印象を受けたのも大きいと勝手に思っている。こんなブログ読んでらっしゃらないだろうが、あややさんとそば屋に心からお礼申し上げたい。