読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空飛ぶ猫はいる

Kis-My-Ft2に翻弄されるジャニヲタ生活

ジャニヲタ手帳始める件

初めて手帳を買ったのは高校生の頃だった。大した予定もなかったが、当時はプリクラを貼りながらほぼ毎日日記をつけていた。その後大学生になっても就職しても、結婚するまで日記を書き続けた。その書き溜めた日記手帳を何となく捨てられずにいたのだが、結婚を機に処分しようと思い、取っておいた10年分の日記を見返したら、驚くほど自分の考え方が成長していないのでひっくり返りそうになった経験がある。自分なりに色々経験し、亀のような歩みであろうとも成長してきたつもりだったのに、現在の悩みと過去の悩みが大体同じで、まぁそれは大概恋愛の悩みなわけで、過去と現在と恋愛する相手が違うのに悩みが一緒ならばそれはもはや自分自身の問題に他ならないと完璧に自覚させられたので、 あれは結構落ち込んだナ。。


その後、実家を出た経験なく結婚したので、毎日仕事と慣れない家事に追われてすっかり日記を書く習慣が遠のいてしまった。日々の予定は部屋に貼ったカレンダーに夫の予定とともに書くようになったので、余計に手帳の出番はなくなった。そして何より覚えきれない程の予定がない上に、記憶力がわりかし良いためどうにかなっていた。


しかし最近老化のせいか、うっかり忘れてた!ってことが増えてきて何となく危機感を感じずにはいられない状態だったのだが、折しも自担初主演映画「レインツリーの国」公開に向けて多くの情報が溢れ出てきて全く手に負えなくなってしまった。スマホで情報を目にしても、見た瞬間はいいのだが頭に記憶されないというか、そんな情報あったけどいつからだっけ?検索仕直さなきゃ!ということが多々あったので、こりゃあいよいよ紙媒体に記録して頭を整理しとかんと!!となり、本日めでたくジャニヲタ手帳デビューいたしました。


早速レインツリーやキスマイ関連の情報を書き込んでみた。書き込む全てが自分に起こる予定でもないのにどんどん空白が埋まっていくので、この嘘っぱちのリア充感がクセになりそう。成長の見込めない自分をだらだら記すより自担の軌跡を記録しようと誓った。これによりジャニヲタとして成長できる気がするんで、なるべく頑張って手帳生活を続けたいと思っている。何年か後に見返して「あ〜レインツリーか懐かし〜!」とつぶやくのも楽しみにしている。