空飛ぶ猫はいる

Kis-My-Ft2に翻弄されるジャニヲタ生活

ジャニヲタをカミングアウトしたら。

30代にしてジャニーズの門を叩いたので、未だ友人達にジャニヲタ化したことをカミングアウトできていない。何せ今までの私はジャニーズに全く興味がなかったので、友人達ももちろん私が現在こんな状態でいることは知らないし、その可能性さえ微塵も感じていないと思う。

先日親友に久々に会うことになり、彼女にだけはせめて告白しようと意気込んで会いに行ったのだが、彼女の娘(2歳児)と遊んでたらそんなことを言い出すきっかけが全くつかめず、ただただ子供に癒されて帰宅した。失敗だ。次の機会を虎視眈々と狙っている。


私がジャニヲタであることを知っているのは、道連れにキスマイに堕ちた相方だけである。実家の親兄弟も職場にも明かしていない。夫も完全には知らない。「完全に知らない」というのはつまり、

まずキスマイが好き。その中でも玉森くんが好き。キスマイが出てる番組はとりあえず録画してるしリアタイしてる。

と、ここまでは知ってる。つまり夫は私のことを茶の間ファンだと思っている。現場に出向いていることは知らせてません。現場デビューは去年のドリボなのだが、どうにも恥ずかしくて言い出せなくて、そのまま何度か現場に足を運んでいるが毎回何かと理由をつけてバレてはいない。でもそろそろ理由考えるのも面倒だしちょっと後ろめたいので、次回何かの現場が決まったら白状しようかなーとうっすら考え始めている。

皆さんが家族や恋人、友人にどのタイミングでどのように明かしているのか大変気になるところ。特に三十路を過ぎてからジャニヲタに変貌を遂げた方の明かし方、今一番聞きたい話題である。

少し前に「ジャニヲタの夫」として皆さんの家庭内の現状を伺う話題が挙がって、すごく面白かった。我が夫は私がヲタ化してからというもの、キスマイに限らずジャニーズが出てる番組をかなり視聴するようになったので、夫のジャニーズ知識も格段に上がっている。その証拠に、各グループがどっちの派閥に属しているかわかるようになり、最近だと鼻歌もたまにキスマイになったりする。焦らず徐々にジャニーズを染み込ませていきたいと目論んでいる。